瓦礫選別で作業に掛かる負担をカット|楽々作業でゴミさようなら

賢い処分方法

工場

廃油とは工場などで商品を作るといった事業活動をしている際に発生した廃棄物のことで、鉱物性油や動植物性油や絶縁油や溶剤やタールピッチといったもののことを指します。このような廃油を処分する際には、地球環境に影響を及ぼさないように処分する必要があります。特に古くなった絶縁油などは、人体にとって悪影響を及ぼす毒性の強いPCBが含まれている可能性がありますので要注意です。このような廃油の処分方法は法律で定められていますので、間違った方法で廃油を処分すると法律で罰せられてしまう可能性がありますので法律をしっかり守って処分しましょう。
再生重油といった廃油などはリサイクルすることが出来ますので、資源を有効活用するためにもリサイクルできるものはするように心がける必要があります。再生重油は再生燃料として活用することが出来、そのほかにも石鹸の原料になったりろうそくの原料になったり再生潤滑油になったりもします。また、廃インキや廃油脂やてんぷらといったものはセメント燃料などとしても活用することが出来ます。このように、有効利用をすることによって地球環境も優しいので、自社工場などから発生する廃油がリサイクルできるかどうかを知っておくようにしましょう。廃油の処分方法に関するコンサルティングを行っている企業などもありますので、よりよい処分方法やリサイクル方法を知りたいのであればこのような企業に相談してコンサルティングを受けてみましょう。